1. 牛乳は健康に良いというのが常識であったのはもう昔の話。 今では、様々な健康被害のリスクが指摘され、牛乳の危険性を訴える情報がたくさんあります。 しかし、一方でカルシウムを始め牛乳を飲むことのメリットもあるとされています。 果たして牛乳…

  2. あまり耳馴染みのない「二酸化チタン」ですが指定食品添加物として厚労省より認められ、使用が許可されています。 実は広い分野の製品に用いられていて、日焼け止めや歯磨き粉などにも利用されている身近な成分なのです。 (さらに&hellip…

  3. タール色素とも呼ばれている合成着色料の青色1号は、よく目にする着色料の一つです。 また、「青い色は精神を冷静にする効果や食欲を抑える作用がある」として、青く着色した食品は食欲を抑えることができます。 そのためダイエットにおススメといった…

  4. 今回も引き続き着色料についての記事です。 黄色4号、5号も赤色2号、3号と同じタール色素の一つで、昔は石炭から作られていましたが現在の原料は石油から精製されています。 黄色4号は合成着色料のなかでかなり広範囲に使用され、一番多く使用され…

  5. 色が鮮やかな菓子類や飲料、食品には必ずと言っていいほど合成着色料が使用されています。 赤色2号や、赤色3号もその一つ。 毒々しい不自然な色の食品もあり、見るからに身体に悪そうな印象はありますが実際はどうなのでしょうか。 (さらに…

  6. 少し前の話しですが、輸入の柑橘類の皮のあの「テカテカ」は農薬で身体にとって毒!とテレビで放映され騒ぎになったことを覚えておられますか? 今回取り上げる「イマザリル」は、輸入のフルーツに使われる防黴(カビ)剤のことなのです。 (さら…

  7. アスコルビン酸と言うと聞き慣れない成分のようですが、ビタミンCのことだと言えば誰もが知っている栄養素ですよね。 今記事ではアスコルビン酸について、そして食品添加物としてのアスコルビン酸についてまとめました。 (さらに&hellip…

  8. まず「酸化」という言葉について説明します。 鉄など空気に触れそのまま放置しておくと錆びてしまいますよね。 食品も同じで酸素に触れたままにしておくと酸化し質が劣化してしまいます。 フルーツなどカットしておくと色が茶色くなります。 …

  9. コーンスターチというのは、トウモロコシを原料にしてすり潰して、食物繊維などを分解して作られた粉です。 加工食品では食品添加物として位置づけられています。 一般家庭ではでんぷんと言えば片栗粉を使用することが大半であまりコーンスターチを使用…

  10. キサンタンガムは、非常によく目にする添加物の一つです。 土壌に生息する微生物(キサントモナス・キャンペストリス)が作り出す多糖類の一つです。 加工食品のみならず、化粧品にもよく使用されています。 キサンタンガムと言う名前からチューイン…

RETURN TOP

編集長プロフィール


youthk
パニック障害を患った元プログラマー
病気をきっかけに現代医療の問題点や現代病の真実、真の健康法について追求するようになる。
パニック障害克服 闘病体験記

情報が溢れかえる時代、本物を見極め、自身のQOLを高め、より豊かな人生を送るためのブログです。
テレビで語られない病気の真実とは?