1. パニック障害は、基本的に自律神経の乱れが原因で起こる病気です。 神経伝達物質の不足によってバランスが崩れるわけですが、大きく関わっているのが、「ノルアドレナリン」と「セロトニン」という物質です。ノルアドレナリンとは恐怖や不安などに関係して…

  2. ここでは、私自身が患ったパニック障害の闘病記を掲載しています。 今のところは、前兆から薬物療法の全6章となっていますが、追加があった時は闘病記を書いていく予定です。 闘病記を書こうと思ったのは、あまりにも壮絶な体験をしたため、ノ…

  3. パニック障害を患ってみて、今から思い返すと様々な体の不調がこれまでにあった。 そう、パニック障害は突然に発症したわけだが、それまでに前兆と思える症状には長年の間、何度も体験していたのだ。 これまで知らなかったのだが、不定愁訴とい…

  4. パニック障害と診断され、SSRIという抗うつ薬を飲み続け、この記事を書いている段階で1年以上が経過した。 SSRIの副作用は、口の渇き、眠気、吐き気、便秘などが一般的だ。私は見事に全ての副作用を経験してしまった。しかし、吐き気は2週間…

  5. 「パニック障害」 医師から手渡された冊子にはそう書かれていた。 パニック障害? 始めて聞いた言葉ではなかった。KinKi Kidsの堂本剛など、芸能人でもよくパニック障害になったというニュースを聞いたことがあったし、テレビの特…

  6. 心療内科に受診することになった当日 2度目の救急車で運ばれた時の発作が後を引き、体調は最悪になっていた。 頭の異物感、違和感のような変な感覚、そして、耳鳴り、とにかく物音が気になる 彼女に運転をしてもらい、無言で助手席に座って…

  7. 前日の朝に起こっためまいと大きな動悸 今日は大丈夫かと不安だったが、何とか大きな動悸は起きずにいる。 しかし、不安に似たなんとも言えない感情がまとわり付き、とりあえず会社に連絡だけして休むことだけ伝えた。 それから数日特に変化もな…

  8. それはある冬の朝 私はいつもより早く目覚めて、いつも通りパソコンの電源を入れた。 パソコンが立ち上がり、ニュースサイトを見ようとしたその時だった。 急に目の前が激しく揺れ始め、今までに感じたことのないめまいのような感覚に急に襲…

  9. スーパーやコンビニなどで、食品ラベルを見るとたくさんのものに「ソルビトール」という表記を見ることができます。 飴・ガム・チョコレート・生菓子・スナック菓子・カステラ・和菓子、加工品では、すり身やハム・ソーセージ・かまぼこなどの練り物に…

  10. トレハロースは食品添加物として様々な食料品に使われています。 食品添加物といえば、アスパルテームをはじめ人工甘味料の危険性が指摘されていることから、敏感になっている人も多くなっています。 全ての食品添加物に問題があるわけではない…

RETURN TOP

編集長プロフィール


youthk
パニック障害を患った元プログラマー
病気をきっかけに現代医療の問題点や現代病の真実、真の健康法について追求するようになる。
パニック障害克服 闘病体験記

情報が溢れかえる時代、本物を見極め、自身のQOLを高め、より豊かな人生を送るためのブログです。
テレビで語られない病気の真実とは?